Home

栗田智仁と料理のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

栗田智仁の栄養はなぜ必要か?

体に栄養が必要なわけ

そもそも栄養とは何なのでしょうか? 栄養が持っている私たちの体への役割と、栄養が不足してしまったときに考えられる悪影響を知り、まずは栄養の大切さを理解しましょう。


栄養ってなぜ必要?

栄養とは、人間の体を作り、私たちの活動に欠かせないものです。

ダイエットをしたり、忙しさにかまけて食事を抜いたり減らしたりすると、体や機能を維持するための栄養が不足して、悪影響が出ます。
例えば、カルシウムが不足すれば骨の形成が、たんぱく質が不足すれば臓器、爪、髪などの形成が上手くいかなくなります。
体の活動の源であるエネルギーが不足すれば、体や脳に栄養が上手く行き渡らないので、ぼーっとしたり、だるくなったりします。


栄養はただ摂ればいいと言う訳でもありません。
栄養のバランスが悪いと、体の調子が悪くなったり、体の発育や維持に支障がでたり、心・体・頭の元気がなくなったり、病気になったりします。
今の世の中には、食品が溢れかえっています。日ごろから栄養バランスに気をつけなければ、脂っこいもの、甘いもの、アルコールなどを摂りすぎて、豆、野菜、海草、果物、魚など健康に欠かせない食品が不足してしまいます。
健康は意識して努力しなければ手に入れることはできません。


栄養の2つの役割

栄養には、主に2つの役割があります。

■ 体・精神の調子を整える役割
栄養バランスのよい食生活をすることで、体や精神の働きを整えることができます。例えば、もの忘れや認知症だと思われていたものが、ビタミンB群の不足だったというケースもあります。寒がりで疲れやすいと思っていたのが鉄分の不足だったということもあります。

■ 病気を予防して健康を向上する役割
栄養バランスが悪いと、悪玉コレステロール、血圧、血糖値などに異常が現れ、心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病、糖尿病などの病気につながることがあります。栄養バランスのよい食事を続けることで、病気になるリスクを減らすことができます。

栄養が不足したりバランスが悪くなったりすると、生活の質が下がったり、体や精神の不調のために、辛い思いをしたり、通院や入院などのために時間やお金がかかることがあります。栄養は、丈夫な体を作り、毎日を元気に過ごし、将来も健康的に過ごすためにとても大切です。

まずは、栄養バランスのいい食事が、なぜ大切であるかを認識することがとても重要です。


食事のバランスについて


食事から健康効果を得るためには、どれくらい食べればよいのでしょうか? これは現代人の多くが持つ疑問です。

一昔前までは、バランスのよい食事といえば、家庭で食べる手作りの食事を思い浮かべれば良かったかもしれませんが、最近ではそう簡単なことではなくなってきました。昔ならの食事といわれても、作り方が分からなかったり、作る時間が無い場合が多くなってきています。

また食事の多様化が進み、色々な料理が様々な国から入ってくるようになりましたので、そう簡単にはいきません。

そこで必要になってきたのが、食事を作る人、食事を作ってくれる人がいる人、全ての人が理解できる目安です。一昔前は、妻や母親だけが把握してればいいと思われる知識だったかもしれませんが、今では1人暮らしのおじいさんも、仕事に出かけるお父さんも、1人暮らしの大学生も、全ての人がその目安を把握しておく必要があります。


日本人のための食事バランスガイド
平成17年に、厚生労働省と農林水産省による食事バランスガイドが作られ、誰にでも摂取目安量が分かるようになりました。推奨される食事基準は年齢や活動量などによってことなります。基本形とされている2000~2400カロリーでは、主食が5~7サービング、副菜が5~6サービング、主菜が3~5サービング、牛乳・乳製品は2サービング、果物は2サービングを目標としています。

この食事バランスガイドは下記に示す5つの部分と運動・水分摂取から成り立っています。

■ 主食:ごはん・パン・麺類など
1サービングの例は、ごはん小1杯、おにぎり1個です。2サービングの例は、うどん、そば、スパゲティー各一人前です。

■ 副菜:野菜、きのこ、いも、海草料理
1サービングの例は、野菜サラダ、具たくさん味噌汁、ほうれん草のおひたし、ひじきの煮物など各一人前です。

■ 肉、魚、卵、大豆料理:
1サービングの例は、冷奴、納豆、目玉焼きです。2サービングの例としては焼き魚、魚、3サービングの例としてはハンバーグステーキ、豚肉のしょうが焼き各一人前です。

■ 牛乳・乳製品:
1サービングの例は、牛乳コップ半分、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パックです。

■ 果物:1サービングの例は、みかん1個、りんご半分、ぶどう半分です。

それぞれの性別、年齢、活動量によって、必要なサービングは異なってきます。詳細は農林水産省のサイトをチェックしてみましょう。諸外国と比較して、食材を単位とせずに、料理を単位としているところに特徴があります。

食と健康の基本

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-14 Sat 14:35:55
  • 未分類

朝食の大切さとは


今朝食を取らない若者が大勢います。
特に15歳~19歳の中で男性7人に1人、女性11人に1人が朝食を食べていないっていう統計もあるんです。
栗田智仁は朝は必ず食べます!
朝起きるとお腹がすいて仕方がないんです・・・・・。
この食欲をとめてくれるかわいい女性大募集★
なんて冗談なさておき、なんで朝食を抜きは良くないのかって知っていますか?!
これは、まず脳を働かせるためにはブドウ糖が必要なんです。
通常1回の食事で50gって言われています。
成人の人でも1日120g必ず必要とされているので、明らかに朝食を抜くと不足してしまうんです・・・・。
なので、朝食べないと集中力や学業の成績に影響が出るんだって・・・・・。
栗田智仁はどっちにしてもなんらかの影響でバカなのかな??
集中力もないし、成績もよくなかった。
性格の問題かな(汗)
他に良くない原因は人間には生体リズムっていうものがあって、筋肉活動や体温は昼ごろになるとMAXになるんです。
朝食を食べている人はこのリズムに順じて体温が上昇します。
しかし、食べてない人は体温が上がらないので何をしても勢いがなくなってしまうんです・・・・。
やる気を会社で見せたいときや自分に変化がほしいときに朝食を食べていくと、注目の的になるかもしれないですね!
あとはカルシウムやミネラル、ビタミンも不足してしまい、毎日イライラしてしまいます。
これによって、逆切れや落ち着きもなくなります。
現代の子に多い症状かもしれないです。
栗田智仁もイライラせず温厚な人間になるために今まで以上に朝食に力を入れたいと思います。

疲れと食事の関係性について


朝食を抜くと体がだるいとか疲れるっていう症状が現れやすくなってしまうらしいです。
人間の体は食事を完全に消化して排泄し終わるまで18時間かかるんだって。
なので、1日に1度食事の感覚を18時間空けないといけないという結果になります、
そうしないと内臓は24時間常にフル活動って事になります。
1日だけでみたらそんなたいしたことないじゃんって思うかもしれないけど、この先何十年って事を考えると・・・・・。
栗田智仁にとって頭に痛い計算になってきます・・・・。
ちょくちょく自分の好きな時間に好きなものを食べることって自分の体を痛めつけているって事なんです。
だからきちんと3食食べることによって、体もそのサイクルについていけるって事です!
栗田智仁はよくする、暴飲暴食は自分の寿命を縮めているといっても過言じゃないかもしれないです。
長く健康的に過ごすには、きちんとした食事にかかってきます。
健康になる事によって疲れもだるさになくなってくるといわれています。
毎日リフレッシュした日を朝食から始めていきたいですね!

食べることの基本について

食への提言


食べ物が流通するようになって現代の日本の食卓には世界中からおいしいものが集められています。
栗田智仁の昔の食生活は今と違ってお肉なんていうのは、お祝いや儀式のときにしか食べることができなかっ他です。
なので、今の日本の食生活って幸せだなって思います。
好きなときに好きなものを食べることができる環境。
栗田智仁にとって絶好の環境に今いるように思います。
しかし、昔の食生活は穀類や野菜中心に少量の野菜や肉類を食べる「粗食」は中心でした。
食事に関してはちょっと寂しかったけど、食に関しての楽しみや喜びがありました。
なので、肥満とか病気などはかかりにくかったかと思います。
でも、粗食を食べているから癌にならないという保障もないし、美食だから早く死ぬとも限りません。
「酒も呑まずタバコもすわずに玄米と菜食で100歳まで生きた馬鹿がいる」のノンキ節ではないが、これに関しても信用性が微妙だと思います。
栗田智仁は、食(食べること)に関してやっぱり適度っていう言葉が適切のように思います。
なんでも過剰な摂取ややりすぎってよくないって言いますよね。
女子高校生の中に痩せたいからっていう理由で全くお肉を食べなかったりとか、食事を取らないなんていう子がいます。
逆に健康にはよくないことですよね。
1日全く動かないのであれば、エネルギーも使わないから栄養もギリギリかなって思います。
しかし、勉強もしないといけないとなるともっと栄養が必要だと思います。
テレビでほっそりしている子をみるとなんか日本の美というスタイルってどうなっているんだろうって。
栗田智仁はアメリカのようなスタイル嫌いじゃないです!
モデルのような人が人気だからそれにまねしている人もいるかも知れないけど、個性を考えたら自分で今食事に関してやるべきことがあるように思います。

食についてに知恵


栗田智仁が食に関して3点ほど注意事項を話ししたいと思います。
まず1つ目は健康的な粗食について知ること。
これは食ということの原点に還って、食べることの大切さや食べ物があることの贅沢さを改めて見つめなおしてほしいです。
今は当たり前になっていることを感謝してほしいと思います。
2つ目はよく噛んで食べる。
栗田智仁今でも言われますが、1口30~50回は噛んで食べるといいみたいです。
噛むことは離乳食の時期からの段階的な学習によって身についたことです。
最初は噛むって事に抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし、噛むことによって食事のメニューが変化してきたり唾液を多く出すことによって発ガン物質を無毒化するんです。
それに少しの量で満腹感を感じるようになるので、ダイエットにも効果的だといわれています。
3つ目は、多く取りたいものと少なくていいものを理解する。
栗田智仁的にはお米はなるべく多く摂取してほしいと思います。
そのお米に関しては発芽米や七分搗きがお勧めです。
他には、豆類や野菜、カルシウムを積極的に取る!です。
逆に控えたいものは砂糖やジュース、動物性の脂もそうですよね。
塩分や化学調味料も抑えておきたいところだと思います。
簡単に紹介した3つの注意点ではありますが、栗田智仁は非常に重要なことだと認識しています。
全部一気にすることは難しいことだと思います。
しかし1つ1つゆっくりでいいので攻略していくことは可能だと栗田智仁は思います。
こうやって1つ1つ食に関して見直していくことによって、今まで考えていなかった食べ物に関しての感情が変化していくんではないかなって思います。

子供と食育について

子供の肥満と食事の環境について


現代社会の中で最近子供の肥満化が増えてきているといわれています。
以前に子供の食事に関するアンケートを見たことがあります。
その中でおやつが一番摂取カロリーが大きかったのです。
脂質にかんしてじゃ一日の必要量の約2倍!!
栗田智仁の小さな頃はおやつなんていうものなかったように記憶しています。
なんか夢中で遊んで夕方になるとお腹がすくから帰るみたいな生活を送っていたように思います。
この今の子供の食に関する現状をどのように思っているのかな??
凄く、栗田智仁気になってしまいます・・・・。
おやつの中でも一番子供に食べさせている種類って何かわかりますか??
それは、「スナック菓子」と「チョコレート」なんです。
この言葉をみるからにして脂質多そうじゃないですか??
スナック菓子なんていうのは、一番気をつけないといけない食べ物の1つに感じます。
子供に限らず、大人もお肉などの脂っこいものを食べるとお腹がいっぱいになります。
この現象と同じで子供の胃袋ってそんなに大きなものじゃないのです。
少しのスナック菓子を食べるだけでお腹がいっぱいになったりもします。
これによって、夕飯の時間にきちんと食べることができずに結局栄養のバランスだけが崩れてしまっているのです。
他にも、9割の子供が塾や習い事に通っているんです。
この習い事によって、夜型の子供が増えてきています。
家族全員で食卓を囲む習慣すらなくなってきているのが現実です、
都会や地方にかかわらず、塾によって夕飯の時間が遅くなったりファーストフードやコンビニでついつい自分の好きなものばかりを食べているのです。
今育ち盛りの子供にとって非常に偏りのある食事形態なんです。
栗田智仁も最近太ってきたので、なるべく自炊や野菜中心の生活をしたいって思っています。
僕は大人なので自分で料理したり管理することは可能です。
しかし、子供はそうはいきません。
親が栄養管理をきちんとしないといけないのです。
塾に行くならお弁当を少し持たせてあげるとかで少しは改善できると思います。
こういった事を何も考えずに好きにしたらいいなどの考えによって将来のある子供の命すらを奪ってしまうかもしれないのです。
自分の子供の管理は親の務めです。
将来のためにも1人1人考えないといけないですね。

改善するには?


こういった事態を改善するにはどうしたらいいのか、栗田智仁昔を思い出してみました。
そこで、昔ながらのおやつを取り入れてみたらどうかなって。
例えば、おかきやせんべい。
あと和風の寒天や豆類を使ったお菓子など。
こういつたお菓子はビタミンやミネラルも豊富で食物繊維も含まれているので体にもいいと思います。
他にも果物やドライフルーツなど素材そのもののシンプルな加工食品なんかもいいと思います。
作る時間がない、作れないのであればこういったものを利用してみてはどうですか?
食べ方も特徴的なものばかりなので、噛む力や脳の血流が活発になります。
固いものをゆっくり味わって噛むことによって、少しの量でも満腹になるので肥満予防にもなります。
もちろん今まで食べていたスナック菓子やチョコレートを180度変えてしまったら逆に子供にストレスを与えてしまう可能性があります。
なので、少しずつこれも食べてみたら?とか一緒に食べてみるなどの工夫が必要になってくると思います。
私達大人もそうですが、食べなれないものって警戒しがちです。
1回嫌がってもあきらめないで何度か試してみるのもいいかもしれないです。
こういった子供に対しての気遣いによって本当の家族の姿っていうのが見つかるかもしれないです。
栗田智仁の小さな頃の家族のように・・・・・。

Index of all entries

Home

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。