Home

栗田智仁と料理のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

食べ合わせについて

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-24 Tue 14:15:02
  • 料理
こんにちは。栗田智仁です。
皆さんは、食べあわせって考えたことありますか?
今日は、食べ合わせについてお話しようと思います。


よい食べ合わせ
日本では古くから体調に影響を及ぼす食べ物の組み合わせを「食べ合わせ」として言い伝えられてきました。
また栄養学的に吸収を促したり、阻む組み合わせもあります。
今回はよい食べ合わせの例をご紹介しましょう。

食べ合わせって迷信?よく耳にする食べ合わせには、「鰻と梅干し」「スイカと天ぷら」「カニと柿」などだと思います。
こうした「食い合わせ」は、もともとは古代中国の陰陽五行説に基づく思想から生まれた「食養生」や「食禁」が日本に伝えられ、奈良時代から平安時代に「律令」や「医療」に取り入れられたり、また江戸時代には貝原益軒が著した「養生訓」で一般大衆にも食い合わせが広く知られるようになったと言われています。

冷蔵庫もなく衛生状態の悪い昔とは状況が異なる現代では、医学的に根拠がなく、これらの食い合わせを恐れる必要はないと言われています。
けれども、こうした組み合わせを見てみますと「消化の悪いもの(油っぽいもの、固いもの)」、「体を冷やすもの(水分の多い野菜など)」の例が多くあります。
また「鰻と梅干し」のように、口当たりや相性がよい組み合わせは食べ過ぎることを戒めたのではないかと推察される内容もあり、参考になる部分もあると思います。

栄養学的吸収・消化をアップするものここでは、主にビタミンやミネラル等の栄養素の吸収を促す組み合せをご紹介しましょう。


・ビタミンB1+硫化アリル
タマネギやネギ、ニンニクの仲間に含まれるにおいの元となる硫化アリルという成分は、ビタミンB1の吸収を促進します。
ビタミンB1は、ブドウ糖のエネルギー代謝に関わるので、不足すると疲労しやすくなります。


・ビタミンC+鉄分
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。
動物性食品に含まれているヘム鉄は吸収されやすいのですが、植物性食品に含まれている非ヘム鉄は吸収されにくいという違いがあります。
非ヘム鉄は、ビタミンCや動物性タンパク質も鉄分の吸収を高めます。
ただし、動物性タンパク質と言っても、肉、魚は促進しますが、牛乳、チーズ、卵にはこの作用がありません。


・カルシウム+タンパク質、ビタミンD、クエン酸
タンパク質を構成するアミノ酸の中でも、特にリジン、アルギニンがカルシウムの吸収を促進します。
またビタミンDは、カルシウムの吸収を促し、骨に沈着するのを助けます。
ビタミンDは、魚や、日干しされた乾物などにも含まれています。
骨ごとたべられる小魚の干物は、同時にカルシウム、タンパク質、ビタミンDがとれます。
またクエン酸の作用により、カルシウムが吸収されやすくなりますので、レモンやユズ、スダチを干物に書けるのもよい組み合せです。


・カロテン・ビタミンA+油脂
カロテン・ビタミンAは、脂溶性ビタミンですから、油脂と一緒にとると吸収がよくなります。
ホウレンソウやカボチャの油炒めはよい組み合わせです。


心配な物質を排出する作用健康のために、塩分のとりすぎ、また有害物質が気になるという人もいます。
栄養素や成分の組み合せによって、持ち出す作用がメリットになる場合もあります。


・カリウム+ナトリウム
ナトリウムは、過剰に存在すると、血圧に影響したり、心臓、腎臓に負担がかかります。
カリウムは、ナトリウムと一定のバランスを保つ働きがあり、細胞内でナトリウムが増加すると、細胞外にあるカリウムと入れ替わり、ナトリウムは体外に排出されます。
おみそ汁には、カリウムの多い海草や野菜をたっぷりと使いましょう。
ただし、カリウムの作用を越えるほど過剰にナトリウムを摂取すれば、調節できなくなるのでご注意を。


有害物質+食物繊維、ビタミンC、クロロフィル
しらない間にとりこんでしまう様々な有害物質。
ビタミンCは水銀などの有害重金属などを、食物繊維やクロロフィルなどは、ダイオキシンなどを排出する働きがあります。
ただし食物繊維は、とりすぎると有益なミネラルも排出してしまうので注意しましょう。

消化を助けるパパイアやバイナップル、イチジク、キウイなどの果物や、ダイコンやカブに含まれる酵素には、デンプンやタンパク質の消化酵素が含まれます。
お肉の下味にこうした果物を使うことで柔らかくしたり、胃もたれ防止に大根おろしを食べたりするのは理にかなっています。

ただしデンプンやタンパク質の消化酵素は、熱に弱いので、生食か低温で素早く加熱するようにしましょう。
またこうした食べ物と食べ合わせるからと言って、暴飲暴食してよいという話ではありません。

過剰な期待は禁物こうしてご紹介した食べ合わせで、必ず吸収がよくなる、有害物質を排出できるというものではありません。
食べ方や食べる量、それぞれの体質などによっても異なります。
あくまで栄養素・成分の作用ということでご参考になさってください。
私たちの体はいろいろな成分が複雑に絡み合って、うまく機能しています。
何か一つの栄養素、食べ物に注目して摂取するというよりも、幅広い食べ物を食べるように心がることが大切です。

また次回ご紹介する吸収を阻む組み合せもありますし、健康に生きる上で必要な栄養素や成分、食べ物も、医薬品などとの食べ合わせ、飲み合わせの悪いものがありますから、気をつけてください。

野菜ソムリエについて

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-23 Mon 14:24:27
  • 資格

魅力について


現在日本で野菜ソムリエの資格を取得する人が多くいます。
これには、ベジタリアンや草食男子なんていう人が増えてきているからなのかななんて思います。
栗田智仁は肉食系男子なので・・・・。
マッチョこそが男子だなんて古臭いこと言っています。
さて、今急上昇中の野菜ソムリエですが栗田智仁も資格の一環でがんばってみようかなって思っています。
まさに勉強中でもあるんですけどね!!!!
この野菜ソムリエの魅力ですが、生活の中で野菜や果物を楽しんでもらいたいというのです。
アメリカの食生活で肥満傾向にあるなんていう記事やニュースをみます。
確かにアメリカの食生活って凄く量も多くて日本人には考えられない部分があるように思います。
子供に対してよくない傾向だって個人的に思っていてもこういうことって国全体や飲食店、両親などが自覚しないと変わることがないと思います。
それに比べて日本はダイエットという言葉に過剰に反応しているように思います。
世界的にも痩せすぎなんていっていますが。
こういったことが野菜ソムリエが人気になったのかもしれないですね。
この野菜ソムリエの魅力ですが、合格率が80%という資格の中でも比較的取得しやすいっていうのが魅力の1つにもなっています。
料理研究家や女優さんまでもが簡単に取得しているんです。
あと最近は農業ブームなんでこのブームにのって人気があるのかもしれないですね!!
栗田智仁もブームにのって取得目指します!

栗田智仁のだし汁の取り方

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-20 Fri 12:53:26
  • 料理
こんにちは。栗田智仁です。

今日は、ちょっとだし汁についてお話しようかなと思います。

だし汁って、和食には、欠かせませんよね。

お味噌汁に煮物、茶碗蒸しなどなど…。たくさんの料理に使われます。

もし、だし汁が上手に取れるようになったら!すごく料理が美味しく出来上がること間違いナシ!!

では、うまくダシが取れるようになりましょう!


だし汁のとり方


だし汁には
一番だし汁、二番だし汁、昆布だし汁、煮干しだし汁
の4種があります。
手軽で便利な市販のだしもありますが
だしやスープのとり方はきちんと覚えていたいものですね♪

我が家ではダシ汁をまとめて作っておいて
氷を入れる容器に入れて小分けし冷凍保存しています。

これって案外便利ですよ。是非お試しください♪

      

■一番だし汁
お吸い物 煮物 茶碗蒸し うどんのつゆなどに!
材 料 水カップ6 昆布10g 削りぶし20g
作り方
  1 昆布は布でサッと拭いておく
2 鍋に水カップ6を入れ昆布を中に入れて弱火にかける
3 沸騰しはじめたら昆布を取り出す。(煮すぎると昆布臭くなるので注意してね)
4 昆布を出したら火を強めて削りぶしを入れる。はじで混ぜたら弱火にする
5 弱火のまま3~5分煮て火を止めて削りぶしが沈むまでそのまま置く。
6 5をボウルの上でこして一番だし汁の出来上がり。


■二番だし汁
一番だし汁で使った昆布と削りぶしをもう一度煮出したもの。
味噌汁や天つゆなどに最適です。
材 料 水カップ6 一番だし汁で使った昆布と削りぶし 新しい削りぶし5g
作り方
  1 水カップ6に一番だし汁で使った昆布と削りぶしを入れて火にかける。
2 沸騰したら3分煮て新しい削りぶし5gを入れてすぐにこして二番だし汁の出来上がり。


■昆布だし汁
具の香りや味わいを生かすことのできる控えめな香りのだし汁が取れます。
材 料 水カップ5 昆布20g
作り方
1 昆布の表面を、固く絞ったふきんでさっとふきます。
2 分量の水に昆布を10時間つけ、昆布をとりだして昆布だし汁の出来上がり。


■煮干しだし汁
濃いうまみにカルシウムも豊富。味噌汁向きです。
材 料 水カップ4 煮干し20g 酒大さじ2
作り方
1 煮干しは頭、はらわたを除きだしがよく出るように縦半分に裂く。
2 鍋に水カップ4と煮干しを入れ そのまま30分置く。
3 火にかけて沸騰させ 5分煮出して一気にこして煮干しだし汁の出来上がり。

栗田智仁の大さじ1のカロリー・塩分・炭水化物

こんにちは。栗田智仁です。

知って便利!大さじ1のカロリー・塩分・炭水化物

なにげなく料理に加える調味料。
その調味料にどれくらいの塩分、カロリー、炭水化物が含まれるのかご存知でしょうか?
もしかするとそのひと振りが高塩分、高カロリー、高炭水化物などの原因になっているかもしれません。
今回は、大さじ1に含まれるカロリー、塩分、炭水化物をみてみましょう。
「100g当たりの~」のような栄養成分表はよく目にしますが、大さじ1あたりに換算して比較してみると分かりやすいですね。
詳細は下の表にまとめています。


塩味の強い調味料
そのソース必要かな?
調理中にドボドボ加えたり、食卓でさらに一振りしたり、ついつい過剰に使いがちな塩分の強い調味料。
塩分量を知っておくことが減塩につながるかも!


大さじ1あたりの塩分:
醤油 2.5g
みそ 2.5g
とんかつ&中濃ソース 1g
塩 6g (小さじ1は塩分2g) 


カロリー高めの調味料こちらもついつい多めに加えてしまう調味料。
外食の料理には油が多く使われていることがあるので気をつけて下さいね。

大さじ1あたりのカロリー:
マヨネーズ 100カロリー
バター 100カロリー
植物油 120カロリー
生クリーム 60カロリー
砂糖 40カロリー
はちみつ 45カロリー


炭水化物が多めの調味料
何でもホドホドがいいみたい
炭水化物量を知っておくと糖尿病の食事管理などに便利です。

大さじ1あたりの炭水化物:

みそ 5g
みりん 8g
中濃・とんかつソース 5g
はちみつ 17g
砂糖 10g (1カップ(200ml)は炭水化物200g)
小麦粉 6g  (1カップ(200ml)は炭水化物80g)
片栗粉 8g
コーンスターチ 7g



いかがでしたでしょうか?調味料の使用量に少し注意を払ってヘルシーな食事を楽しみましょう!

注)調味料に含まれる栄養量は製品によって異なります。あくまで目安としてお使いください。






栗田智仁の理想の食生活に近づけるコツについて

こんにちは。栗田智仁です。

理想の食生活に近づけるコツ


ライフスタイルの変化により、バランスのとれた食事をすることが難しくなってきています。
様々な情報や商品が溢れる中で、どのような食事が健康的なのか分からない人も多くなっているようです。
まずは食事をしなくては栄養は摂れませんので、食事の方法を考えて見ましょう。

基本は1日3食、バランスのよい食事をすることです。
なぜ3回かと言うと、脳や体に定Iに栄養を送ることで元気を出すことができます。
1日2回だと、後でお腹が空いてドカ食いしてしまったり、大食いしなくても、食べる量が少ないと体を元気に保つための栄養が不足しやすくなるからです。

定期的に栄養を摂取することで血糖値なども安定し精神・身体の安定にもつながります。
また、朝食を抜くと便秘などの他の問題の原因にもなります。
それでは正しい食事の方法をチェックしてみましょう。

■起きて90分以内を目安に食べる
1日の中で一番自己管理をしやすいのが朝食です。
チーズや牛乳からカルシウムを、納豆からビタミンB群や鉄分を摂取するなど、日本人に不足し易い栄養素を意識して、朝食で摂る習慣をつけましょう。
朝食を食べ、体と脳にエネルギーを補給し、血糖値を安定させることで、1日を元気にスタートすることが出来ます。

■5~7時間ごとに食べる(1日3回食べる)
食事を抜いたり、間が長く空いたりすると、血中の血糖値が下がっていき、集中力が無くなったり、元気が無くなったりします。
長く空腹の状態が続くと、一度にたくさんたべてしまう、いわゆるドカ食いに走りがちです。
定期的に食事をすることで、血糖値を一定に保ち、食欲のコントロールにも役立ちます。

■食べ物を組み合わせる
栄養素を効果的に吸収したり、満腹感を維持するためには、複数の食品を組み合わせるのが効果的です。
例えばおにぎり、パン、果物などの炭水化物と、ヨーグルト、牛乳、卵などのタンパク質を合わせるといったように、食事の際は、どんなに忙しくても2種類以上の食品をとるようにしましょう。
これに野菜が追加できれば理想的です。

■食事がしっかり摂れるときは野菜と魚
食事をしっかり摂れる場合は、普段不足しがちな食材を意識して食べるようにしましょう。
例えば、野菜ならばブロッコリー、ほうれん草、カリフラワー、トマトなど、魚であればイワシ、まぐろ、サケなどを選んでみましょう。

■時間と心にゆとりがあるときは食を見つめなおす
時間にゆとりができた時は、素材を活かした食を楽しみましょう。
バランスの摂れた栄養摂取は今と将来の健康を維持するために欠かせませんが、食事は楽しみ・団欒の一つでもあるべきです。
家族や友人との会話、手作りの味、香りのよい野菜、ずっしりとした雑穀パン、とっておきのチーズなど、心も満たされるような食を楽しむ時間を過ごしたいものです。

Index of all entries

Home

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。