Home > 食について Archive

食について Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

食事のバランスについて


食事から健康効果を得るためには、どれくらい食べればよいのでしょうか? これは現代人の多くが持つ疑問です。

一昔前までは、バランスのよい食事といえば、家庭で食べる手作りの食事を思い浮かべれば良かったかもしれませんが、最近ではそう簡単なことではなくなってきました。昔ならの食事といわれても、作り方が分からなかったり、作る時間が無い場合が多くなってきています。

また食事の多様化が進み、色々な料理が様々な国から入ってくるようになりましたので、そう簡単にはいきません。

そこで必要になってきたのが、食事を作る人、食事を作ってくれる人がいる人、全ての人が理解できる目安です。一昔前は、妻や母親だけが把握してればいいと思われる知識だったかもしれませんが、今では1人暮らしのおじいさんも、仕事に出かけるお父さんも、1人暮らしの大学生も、全ての人がその目安を把握しておく必要があります。


日本人のための食事バランスガイド
平成17年に、厚生労働省と農林水産省による食事バランスガイドが作られ、誰にでも摂取目安量が分かるようになりました。推奨される食事基準は年齢や活動量などによってことなります。基本形とされている2000~2400カロリーでは、主食が5~7サービング、副菜が5~6サービング、主菜が3~5サービング、牛乳・乳製品は2サービング、果物は2サービングを目標としています。

この食事バランスガイドは下記に示す5つの部分と運動・水分摂取から成り立っています。

■ 主食:ごはん・パン・麺類など
1サービングの例は、ごはん小1杯、おにぎり1個です。2サービングの例は、うどん、そば、スパゲティー各一人前です。

■ 副菜:野菜、きのこ、いも、海草料理
1サービングの例は、野菜サラダ、具たくさん味噌汁、ほうれん草のおひたし、ひじきの煮物など各一人前です。

■ 肉、魚、卵、大豆料理:
1サービングの例は、冷奴、納豆、目玉焼きです。2サービングの例としては焼き魚、魚、3サービングの例としてはハンバーグステーキ、豚肉のしょうが焼き各一人前です。

■ 牛乳・乳製品:
1サービングの例は、牛乳コップ半分、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1パックです。

■ 果物:1サービングの例は、みかん1個、りんご半分、ぶどう半分です。

それぞれの性別、年齢、活動量によって、必要なサービングは異なってきます。詳細は農林水産省のサイトをチェックしてみましょう。諸外国と比較して、食材を単位とせずに、料理を単位としているところに特徴があります。

食べることの基本について

食への提言


食べ物が流通するようになって現代の日本の食卓には世界中からおいしいものが集められています。
栗田智仁の昔の食生活は今と違ってお肉なんていうのは、お祝いや儀式のときにしか食べることができなかっ他です。
なので、今の日本の食生活って幸せだなって思います。
好きなときに好きなものを食べることができる環境。
栗田智仁にとって絶好の環境に今いるように思います。
しかし、昔の食生活は穀類や野菜中心に少量の野菜や肉類を食べる「粗食」は中心でした。
食事に関してはちょっと寂しかったけど、食に関しての楽しみや喜びがありました。
なので、肥満とか病気などはかかりにくかったかと思います。
でも、粗食を食べているから癌にならないという保障もないし、美食だから早く死ぬとも限りません。
「酒も呑まずタバコもすわずに玄米と菜食で100歳まで生きた馬鹿がいる」のノンキ節ではないが、これに関しても信用性が微妙だと思います。
栗田智仁は、食(食べること)に関してやっぱり適度っていう言葉が適切のように思います。
なんでも過剰な摂取ややりすぎってよくないって言いますよね。
女子高校生の中に痩せたいからっていう理由で全くお肉を食べなかったりとか、食事を取らないなんていう子がいます。
逆に健康にはよくないことですよね。
1日全く動かないのであれば、エネルギーも使わないから栄養もギリギリかなって思います。
しかし、勉強もしないといけないとなるともっと栄養が必要だと思います。
テレビでほっそりしている子をみるとなんか日本の美というスタイルってどうなっているんだろうって。
栗田智仁はアメリカのようなスタイル嫌いじゃないです!
モデルのような人が人気だからそれにまねしている人もいるかも知れないけど、個性を考えたら自分で今食事に関してやるべきことがあるように思います。

食についてに知恵


栗田智仁が食に関して3点ほど注意事項を話ししたいと思います。
まず1つ目は健康的な粗食について知ること。
これは食ということの原点に還って、食べることの大切さや食べ物があることの贅沢さを改めて見つめなおしてほしいです。
今は当たり前になっていることを感謝してほしいと思います。
2つ目はよく噛んで食べる。
栗田智仁今でも言われますが、1口30~50回は噛んで食べるといいみたいです。
噛むことは離乳食の時期からの段階的な学習によって身についたことです。
最初は噛むって事に抵抗がある人もいるかもしれません。
しかし、噛むことによって食事のメニューが変化してきたり唾液を多く出すことによって発ガン物質を無毒化するんです。
それに少しの量で満腹感を感じるようになるので、ダイエットにも効果的だといわれています。
3つ目は、多く取りたいものと少なくていいものを理解する。
栗田智仁的にはお米はなるべく多く摂取してほしいと思います。
そのお米に関しては発芽米や七分搗きがお勧めです。
他には、豆類や野菜、カルシウムを積極的に取る!です。
逆に控えたいものは砂糖やジュース、動物性の脂もそうですよね。
塩分や化学調味料も抑えておきたいところだと思います。
簡単に紹介した3つの注意点ではありますが、栗田智仁は非常に重要なことだと認識しています。
全部一気にすることは難しいことだと思います。
しかし1つ1つゆっくりでいいので攻略していくことは可能だと栗田智仁は思います。
こうやって1つ1つ食に関して見直していくことによって、今まで考えていなかった食べ物に関しての感情が変化していくんではないかなって思います。

Index of all entries

Home > 食について Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。