Home > スポンサー広告 > 栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kuritatomohito.blog64.fc2.com/tb.php/82-f7be2147
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 栗田智仁と料理のまとめ

Home > スポンサー広告 > 栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

Home > 未分類 > 栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-04-11 Mon 13:24:58
  • 未分類
栗田智仁が料理の解説をします。
■ お米のおいしい炊きかた
毎日食べるご飯(白米)だからおいしく炊きたいですよね。ここでは、おいしいご飯・お米の炊き方をおさらいしてきます。
1:お米を研ぐ(とぐ)
お米についたぬかやよごれを落とします。

ポイントは「軽く洗う」かんじ。
①まず最初に、水を入れて研がずに水を流します。
②すぐに軽く指の腹で10秒ほど研ぐ。その後水を入れすすぐ、これを3~4回繰り返す。(ここでゆっくりやっていると水に溶けたぬかがお米に付いてしまいぬか風味のご飯になってしまいます。)
*無洗米はその名のとおり、この研ぐ作業はやらなくてOKです。

2:水に浸しておく
水に浸けることでおいしさ倍増!

研ぎ終わったお米に規定量の水をいれ、約1.5時間~2時間浸しておきます。水に浸すことにより甘みが増し、お米おいしさを最大限引きだします。

3:蒸らす
蒸らしすぎに注意!

大体の炊飯器には蒸らし機能がついていると思いますが、炊き上がったら火を止め中が高温の状態で約15分蒸らします。蒸らすことでお米の周囲の水分が吸収されふっくらとしたおいしいご飯になるのです。長時間蒸らすとお米がべたつくので注意しましょう。

4:かき混ぜる
蒸らしが終わったら、全体に空気を入れるようにかき混ぜます。これにより余分な水分をとばしおいしく仕上がります
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kuritatomohito.blog64.fc2.com/tb.php/82-f7be2147
Listed below are links to weblogs that reference
栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた from 栗田智仁と料理のまとめ

Home > 未分類 > 栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。