Home > 2011年03月18日

2011年03月18日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

食べれる大切さ

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-03-18 Fri 13:10:31
  • 物資

食べ物の大切さ


先日東北地方で大地震があったニュースは大々的に報道されています。
栗田智仁は食べ物が食べられるってことが幸せなことだと感じています。
きっと震災がなかったら普通に今の気持ちと変わりのない生活をしていたように思います。
当たり前にスーパーがあってコンビニがあって・・・。
こういう事が当然の事だと思っていた自分に反省しないといけないかなって思います。
もし自分が地震の被災者だったらって考えると・・・。
小さい頃よく言われた言葉があります。
それは、「食べ物を粗末にしない」ということです。
今はものが簡単に買えて残してもなんとも思わない子供や大人が多くいます。
ファミリーレストランなどで残しているのを見ると「もったいないなぁ」って感じるときもあります。
海外でも難民といわれている国もあります。
自分の事じゃないけど今回の事に関してはみんなで考えていかないといけない事なのかなって思います。

モノの重要さ


今の世の中は食べ物にあふれていて毎日の生活には困らない状態です。
更に豊富なのかわかりませんが、食事面で欧米化が進んでいるといわれています。
どういう事かっていうと、子供の肥満率が上昇しているという事です。
食べたいときに食べれる環境もそうですが、俗にいうできあいの料理やマクドナルドなどのファーストフードが発展してきているのにも原因がありそうです。
子供からお年寄りまで好む味としても有名です。
だからって欧米食が悪いっていう事を言っているんじゃないんですよ!!
子供は未来を背負っていく重要な位置にいます。
大人になる前に病気になったりしたら・・・・。
今から予防をと思います。
それが今自分達にできる最大限の力じゃないかなって思います。

Index of all entries

Home > 2011年03月18日

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。