Home > 未分類 Archive

未分類 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

食と健康の基本

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-14 Sat 14:35:55
  • 未分類

朝食の大切さとは


今朝食を取らない若者が大勢います。
特に15歳~19歳の中で男性7人に1人、女性11人に1人が朝食を食べていないっていう統計もあるんです。
栗田智仁は朝は必ず食べます!
朝起きるとお腹がすいて仕方がないんです・・・・・。
この食欲をとめてくれるかわいい女性大募集★
なんて冗談なさておき、なんで朝食を抜きは良くないのかって知っていますか?!
これは、まず脳を働かせるためにはブドウ糖が必要なんです。
通常1回の食事で50gって言われています。
成人の人でも1日120g必ず必要とされているので、明らかに朝食を抜くと不足してしまうんです・・・・。
なので、朝食べないと集中力や学業の成績に影響が出るんだって・・・・・。
栗田智仁はどっちにしてもなんらかの影響でバカなのかな??
集中力もないし、成績もよくなかった。
性格の問題かな(汗)
他に良くない原因は人間には生体リズムっていうものがあって、筋肉活動や体温は昼ごろになるとMAXになるんです。
朝食を食べている人はこのリズムに順じて体温が上昇します。
しかし、食べてない人は体温が上がらないので何をしても勢いがなくなってしまうんです・・・・。
やる気を会社で見せたいときや自分に変化がほしいときに朝食を食べていくと、注目の的になるかもしれないですね!
あとはカルシウムやミネラル、ビタミンも不足してしまい、毎日イライラしてしまいます。
これによって、逆切れや落ち着きもなくなります。
現代の子に多い症状かもしれないです。
栗田智仁もイライラせず温厚な人間になるために今まで以上に朝食に力を入れたいと思います。

疲れと食事の関係性について


朝食を抜くと体がだるいとか疲れるっていう症状が現れやすくなってしまうらしいです。
人間の体は食事を完全に消化して排泄し終わるまで18時間かかるんだって。
なので、1日に1度食事の感覚を18時間空けないといけないという結果になります、
そうしないと内臓は24時間常にフル活動って事になります。
1日だけでみたらそんなたいしたことないじゃんって思うかもしれないけど、この先何十年って事を考えると・・・・・。
栗田智仁にとって頭に痛い計算になってきます・・・・。
ちょくちょく自分の好きな時間に好きなものを食べることって自分の体を痛めつけているって事なんです。
だからきちんと3食食べることによって、体もそのサイクルについていけるって事です!
栗田智仁はよくする、暴飲暴食は自分の寿命を縮めているといっても過言じゃないかもしれないです。
長く健康的に過ごすには、きちんとした食事にかかってきます。
健康になる事によって疲れもだるさになくなってくるといわれています。
毎日リフレッシュした日を朝食から始めていきたいですね!

栗田智仁のお魚のおろし方

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-04-15 Fri 16:06:26
  • 未分類
栗田智仁が料理の解説をします。
お魚のおろし方
魚のおろし方基本は2枚おろし、3枚おろし

お魚の基本的なおろし方といえば、2枚おろしと3枚おろしで、大体のお魚に合う一般的なおろし方です。基本をマスターしてしまえばお魚料理ももう怖くない!


■ 2枚おろし
中骨ないおろし身と中骨がついた身の2枚になるので2枚おろし。
1:頭とわたを取る
お魚の胸びれの下から包丁をいれ頭を切り落とし、わたを破かないように取り除く。

2:背中から包丁を入れる
頭とわたをとったら、お魚のおなかを左に背中を右におき、おなかのほうに手をおき背中のほうから背びれの上を中骨にそって包丁を入れる。

3:反対側も
お魚のむきをかえて、おなかのほうも同様に中骨にそって包丁をいれていく。

4:2枚おろしのできあがり
上側の身を返すようにしながら、尻尾まで切り離していく。


■ 3枚おろし

ブ2枚おろしにした中骨つきの切り身をさらにおろすことで、骨付きの切り身と骨なし切り身2枚のトータル3枚の3枚おろしになる。

1:さらにおろす
2枚におろした中骨のついている身をさらにおろす。背中を右側におき(尻尾が上になる)背中に包丁をいれて中骨にそって中央まで切り開いていく。

2:向きをかえる
次にお魚の向きをかえて、頭のほうから尻尾にむかって包丁を持った手と交差させて切り離しおろしていく。

3:背骨をとる
腹骨の部分は、腹骨をすくうように包丁を少しうかせながら薄くそぎ取っていく。

4:骨を抜く
骨抜き機などで取り残しのないように骨を取り除いていく。 身崩れしやすいお魚は静かにひっぱり取り除いていく。



*3枚におろした中骨の部分は、お味噌汁のダシ取りにいれてもいいし、船場汁などに使ってもいいですね。

栗田智仁の麺の茹で方

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-04-14 Thu 18:55:52
  • 未分類
栗田智仁が料理の解説をします。
麺のゆで方
ずるずるすすり上げるおいしさの麺について

■ そうめんのゆで方
①:なべにたっぷりの水を入れ、沸騰させる。

②:沸騰したら、パラパラと広げるように麺を入れます。麺がくっつかないように菜ばしなどで静かにかき回す。

③:ふたをしてお湯の温度をあげる。そうめんはふきこぼれやすいので、吹いてきたら、差し水をして静めます。

④:茹で上がったらざるに上げ水につける。繊細なそうめんに手のにおいがつかないよう菜ばしなどでかき回し粗熱をとる。

⑤:水をさらに加え、麺をもむようにしてぬめりがとれるまで洗いできあがり。


■ そばのゆで方
①:なべにたっぷりの水を入れ、沸騰させる。

②:沸騰したら、パラパラと広げるように麺を入れます。麺がくっつかないように菜ばしなどで静かにかき回す。

③:ふたをしてお湯の温度をあげる。吹いてきたら、なるべく差し水をしないでふきこぼれる寸前のギリギリのラインで火を調節し高温で一気に茹で上げるのがコツです。

④:菜ばしなどで1本つかみとり、水を入れたコップなどにつけて味見をしてかたさ加減をみるといいですね。ゆですぎを気にして早く上げすぎないよう注意したいですね。(後で水でしめるのですこしやわらかめのほうがいい)

⑤:茹で上がったらすぐに水につけ、流水をかけながら麺をもむようにしてぬめりがとれるまで洗う。さらに氷みずにひたし一気に冷やす!これにより麺が引き締まりコシがでます。んで、できあがり。

*あたたかいおそばのときは、冷やした麺をたっぷりのお湯で麺を温め、お湯を切って器に入れだし汁・薬味などを入れてできあがり。



■ うどんのゆで方
①:なべにたっぷりの水を入れ、沸騰させる。

②:沸騰したら、パラパラと広げるように麺を入れます。麺がくっつかないように菜ばしなどで静かにかき回す。

③:ふたをしてお湯の温度をあげる。吹いてきたら、ふたをとってうどんがなべの中でゆらゆら踊る火加減でゆでていく。うどんは多少茹ですぎても問題ないので、じっくりたっぷり行きましょう!

④:最後の仕上げで火を強火にして茹で上げ、ざるに上げすぐに流水をかけながら麺をもむようにしてぬめりがとれるまで洗う。んで、できあがり。

栗田智仁の中華料理のコツ

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-04-12 Tue 15:05:09
  • 未分類

栗田智仁が料理の解説をします。

中華料理のコツ

中華料理の調理方法は、炒(チャオ=いためる)、炸(チャ=揚げる)、蒸(チュン=蒸す)、焼(シャオ=煮込む)、溜(リュウ=あんかけもの)、湯(タン=スープ) と様々です。 それぞれに4000年の英知が凝縮されているのです。

炒(チャオ) 炒め物
炒とは、材料を高温の油で手早くいためること。さらに炒にも4種類あり、生炒(ションシャオ=下味を付けずにまんま炒める事)、清炒(チンチャオ=衣をつけずに炒める事)、乾炒(材料に粉をつけて炒める事)、 京炒(チンチャオ=卵でといた粉をつけて炒める事) がある。
●炒め物の基本
①下準備をしっかりやっておく
炒の基本は強火で手早く炒めることなので、材料をしっかり切りそろえ、水気をしっかり切って、くせの強い材料は下味をつけて、調味料などをそろえておく。

②強火で手早く炒める
強火で中華なべをよく熱してから、油を入れ鍋肌になじませて一度油をあける。すぐに分量の油を入れて少し煙が出るくらい熱してから、材料を加え強火で一気に炒める。*油が十分熱していないと油くさくておいしくない。


炸(チャ)揚げ物
①材料に適した下味をつける
下味はくせを消し、おいしさを引き出すのが目的です。肉類はしょうゆで、白身魚やえびのような淡白な材料は塩を使う。

②材料に適した衣を
白身魚やえびなど淡白なものには卵白を泡立てたものに片栗粉を加え、ふんわり揚げる衣を。




蒸(チュン)蒸す
材料を蒸篭(せいろ)にいれて蒸気で蒸す調理法。

①鍋の湯はたっぷりと
湯気が十分に上がってからせいろに材料をいれる。お湯が少ないとせいろの縁が焦げててしまうので、途中で熱湯をつぎ足す。

②材料に合わせて火加減を調節
肉や魚介類を皿に盛り味をつけて蒸すときは強火で短時間で。肉を柔らかく蒸すときは強火で長時間。*調理中はふたをなるべく取らないようにする。


焼(シャオ)煮込む
①材料は大きめに切っておく
鶏なら骨ごとぶつぎりに、野菜も大きめに切る。

②炒めたり揚げたりしてから煮る
炒めたり揚げたりしたものを煮込むと、肉はうまみが逃げるのを防ぎ、野菜は形崩れを防ぐ。

③中火か弱火でゆっくり煮る
火力が強すぎると煮崩れしたり焦げたりしやすく、味がしみこみにくい。



溜(リュウ)あんかけもの
①基礎となる料理は薄味に
基礎となる料理の味付けは薄味にしておき、最後のあんで調整する。あんかけ料理は素材の持ち味を活かすことが大切です。

②あんかけも下準備が大切
あんかけ料理は手早く仕上げることが重要ですので、調理を始める前にあんの調味料などしっかりと下準備をしておく。

③仕上げるタイミング
煮たりないと粉臭く、煮すぎると粘りすぎておいしくないので、タイミングはとても重要。基礎となる料理の出来具合が90%くらいになったら、水溶き片栗粉を加えて弱火にして混ぜながら煮立てる。 これは、何度もやって自分のタイミング・時間をものにしたいですね。




湯(タン)中華スープ
中華料理のスープには、だしをとってから作るスープ゛湯(タン)"と、お魚やお肉を煮てでる汁を使ったスープ゛川(スワン)"がある。また片栗粉でとろみをつけた゛羹(ゴン)"や、そのまま鍋ごと出す゛鍋子(クオズ)"などもある。

鶏がらスープの作り方
①がらを洗う
鶏がらをよく洗う。骨に付いた不純物をしっかり取るために、熱湯をさっとかけたり、2,30秒湯通しするとよい。さらに、流水につけて洗う。

②最初は強火で
鍋に水を張り、臭み取りの長ねぎ(2本位をぶつ切りに)としょうが(厚切り)を入れて強火で煮込む。*臭み消しに、酒(大さじ3くらい)を入れてもいい。

③煮立ってきたら弱火に
鍋が煮立ってきたら弱火にして、浮いてくる灰汁(あく)を取りながらふたをしないで2時間ほど煮込む。

④できあがったスープをこしてできあがり。
スープが十分出たら、鶏がらを取り出しフキンなどでこす。

栗田智仁 のお米のおいしい炊きかた

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-04-11 Mon 13:24:58
  • 未分類
栗田智仁が料理の解説をします。
■ お米のおいしい炊きかた
毎日食べるご飯(白米)だからおいしく炊きたいですよね。ここでは、おいしいご飯・お米の炊き方をおさらいしてきます。
1:お米を研ぐ(とぐ)
お米についたぬかやよごれを落とします。

ポイントは「軽く洗う」かんじ。
①まず最初に、水を入れて研がずに水を流します。
②すぐに軽く指の腹で10秒ほど研ぐ。その後水を入れすすぐ、これを3~4回繰り返す。(ここでゆっくりやっていると水に溶けたぬかがお米に付いてしまいぬか風味のご飯になってしまいます。)
*無洗米はその名のとおり、この研ぐ作業はやらなくてOKです。

2:水に浸しておく
水に浸けることでおいしさ倍増!

研ぎ終わったお米に規定量の水をいれ、約1.5時間~2時間浸しておきます。水に浸すことにより甘みが増し、お米おいしさを最大限引きだします。

3:蒸らす
蒸らしすぎに注意!

大体の炊飯器には蒸らし機能がついていると思いますが、炊き上がったら火を止め中が高温の状態で約15分蒸らします。蒸らすことでお米の周囲の水分が吸収されふっくらとしたおいしいご飯になるのです。長時間蒸らすとお米がべたつくので注意しましょう。

4:かき混ぜる
蒸らしが終わったら、全体に空気を入れるようにかき混ぜます。これにより余分な水分をとばしおいしく仕上がります

Index of all entries

Home > 未分類 Archive

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。