Home

栗田智仁と料理のまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

男料理の魅力について

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-06-04 Sat 14:36:39
  • 男料理

男の料理は趣味?


女性に人気の男料理!
今の時代は共働き世帯が多いから、家事は分担とか料理も作れる人が作るといったスタイルが普通になってきました。
栗田智仁もこの生活スタイルには賛成です。
昔みたいに、女が家事、洗濯をするなんて古臭いこと言っていたら嫌われちゃいますよ!
でも男って女性と違って手際があまりよくない。
これも一生懸命に作っている愛嬌って思うんですが・・・・。
女性の中には趣味でお菓子やケーキを簡単に作っちゃう人いますよね!
こういう人は凄いなぁって感心します。
栗田智仁もデザート作りたいって思うけど、全く知識的に無知なんで・・・。
統計で男ってマニアックな料理を作りたがる習性があるんです。
きっと女性に勝ちたいといった気持ちがあわられている証拠かもしれないです。
栗田智仁はそんなことないですよ。
食べることができたらいいなって思っています。

男料理の傾向


1.アウトドア派(先祖帰り系)
普段は家のことなど何もしないおとーさんでも、キャンプ場で自然の息吹に触れ、暮れゆく空の下でたき火を見つめると先祖帰りするのか、薪をくべ、バーベキューを仕切り、ダッチオーブンを使ったりと、急に張り切ったりする。

2.瞬間芸派
冷蔵庫の残り物で手間をかけずに、瞬時に美味しい料理や酒の肴を作ってしまう粋なクッキングスタイル。嫁さんにも重宝される。

3.未知との遭遇派
エニックの雷に打たれたような強烈な辛さと香や、未知の料理との出会いは男のロマン。料理は冒険だ!

4.こだわりの本格派
高級食材をふんだんに使い、本格的な和食やフレンチに取り組む。一切の妥協を許さないその姿勢はプロ顔負け。調理服に身を包み、自慢の包丁で手際よく食材を処理する隙のない姿は、まるで鉄人シェフ。

5.ノスタルジック系
お袋さんの手料理や、昔懐かしい町の洋食屋さんのカレーライス、オムライス、コロッケ等、何処でも食べられそうで食べられない、こだわりの懐かしい味を再現しよう。

6.麺が好き
手頃な値段で気楽に食べられる、うどん、蕎麦、ラーメン、パスタ。でも極めようとすればそれは奥の深い世界。腰のある手打ち麺と、こくのあるスープ。たかが麺、されど麺。脱サラして自分の店を持つ人もいるとか。

7.創造的破壊派(無国籍系)
鍋料理に、スパゲッティを放り込んだり、醤油とウスターソースを混ぜる発想の、ジャンルを越え、セオリーを無視したチャレンジ精神こそ男の料理の醍醐味。料理は創造的破壊だ! たいていはひどい失敗作になるのだが、たまにはすごい発見も! マヨネーズの使い方に注目しよう。


女性からみると・・・・。


男が料理することは女性から見たら魅力的なことかも。
でも主婦から目線だとどうなんだろう?!
なんかあんまりいい印象なさそうじゃないですか??
例えば、「俺の料理のほうがうまいだろ!!」とか言いそう。
こういう余計な一言が主婦のみなさんの気持ちを逆上させちゃうんですよ!
栗田智仁は思います。
静かに作って、片付けて。
これで円満にいったら楽だと思いますよ!
味や盛り付けなど評価に頼らずに、気持ちで伝えてあげるのも男料理の魅力ですね!

朝食に和食を食べよう!

こんにちは。栗田智仁です。
和食が体にいいという話を最近よく耳にします。
朝ごはんも和食がいいみたいです。
たとえパンでも、朝ごはんは大切なのでなるべく食べるようにしたいと思います。

では、なぜ朝ごはんは和食がいいのでしょう?


和食や洋食に限らず、最近朝食を食べない人が増えています。
食事は体の資本で朝食は1日の健康の資本です。
朝食を食べないと健康に様々な弊害が出てきます。
例えば、昼食を食べるまでの午前中の間ずっと集中できなかったり、やる気がでなかったり。または、体内の血糖値が上がらず、ずっとイライラした状態が続いたりといった感じです。
これらはあくまで断片的な例ですが、毎日の負担が積み重なって、ストレスや疲れが溜まったり、免疫力の低下から風邪をひくなんてことになるかもしれません。
毎朝朝食を取る場合でも、ご飯とお味噌汁のような和朝食だけでなく、パンとコーヒーのような洋朝食を取るご家庭も多いと思います。
私も基本的に朝は、トーストなどのパンとコーヒーです。
しかし、朝食には和食を食べるのが望ましいとされています。


理由は、朝食に必要なあらゆる条件を満たしているのが和食だからです。
暖かい汁物であるお味噌汁は体を内面から温め、朝から動き始める状態を作ります。
お味噌汁や和食のおかずに含まれる「良質なタンパク質」は、午後までのやる気を維持します。
また、パンよりもご飯のほうが腹持ちが良く、栄養面でのスタミナを持続させるなどなど様々な利点があります。とは言え、毎朝ご飯に味噌汁に焼き魚や厚焼き玉子などのメインのオカズを用意するのは大変です。
ご飯と納豆だけで朝を済ませるというなら大分ラクだとは思いますが、簡単という意味では、どうしても焼いたら良いだけのパンに手が伸びます。
私は朝は基本的にコーヒーが飲みたい体質なので、そのついでにパンを食べるのですが、たまに朝食には和食が食べたくなることがあります。

そんな時には、冷凍のごはんをレンジでチンしたり、納豆をオカズにしたり、インスタントの味噌汁を付けたり、のりや漬物などで出来るだけ手っ取り速く食べられる和食を食べます。
パンとコーヒーに比べると多少面倒ですが、その日1日の原動力やテンションの源になると思うと別に苦ではありません。
「食べたいときに食べたいものを食べる」と「どうしてもやりたい事は自分でやる」が私の方針です。
また、朝食で和食を食べる場合には、一緒に日本茶を飲むことをお勧めします。
日本茶には眠気を覚ますだけでなく、脳の働きを高めたり、腎臓の血行がよくする作用があります。
とは言え、これらの作用はカフェインによるものが大きいので朝食にコーヒーを飲んでも同じことです。



ダイエット中の主食に適しているのは?「パン?ごはん?」

こんにちは。栗田智仁です。

ダイエット中の主食として、あなたは、パンとごはんどちらを選びますか?
ダイエットに関して言うと、ごはんの方が主食として適しています。
ごはんは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて 焼き上げたものなので、その分ごはんに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。
ごはんの場合は、豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、 パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。
トーストにした場合も、おいしく食べるためにはバターやジャムを使ってしまい、 結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

つまりはトータルするとパン食の方が高カロリーになってしまうんですね。


■ ごはんの上手な食べ方ってあるの?

食事の量を減らすと、すぐにお腹が空いてしまう。
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…なんて要望に応えてくれるのが 低カロリーな食材を使った混ぜごはんです。
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材をごはんに混ぜて味付けをしてみると、 おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができますよね。
結果として低カロリーな食事を楽しむことができ、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、主食を「ごはん」ではなく、「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のごはんの量が少しでも、食べごたえもあり、 かなりの満腹感が得られます。
ごはん約1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、 約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

カロリーが気になるときや、最近食べすぎだなと思ったときは、どちらも試してみてくださいね。



■ どうしてもパンがやめられません!

毎日3食の主食がごはんだと飽きてしまったり、 そもそもパンの方が好きな人もたくさんいると思います。
 どうしてもパンが食べたい!という場合は、食パンのように柔らかいパンではなく、 フランスパンのような堅いパンを選ぶようにしましょう。

堅いパンはよく噛まないと飲み込めないため、食べるのにも時間がかかり、 その分満腹感も得られやすくなっています。 よく噛んで食べるパンは、 他にもライ麦パンやベーグルなどがあります。

パンを食べるときの副食としては、野菜のたくさん入ったスープなどがオススメ。
栄養のバランスもよく、カロリーも抑えることができますよ。



■ 最近低炭水化物ダイエットってことばをよく耳にするけど…

▼どんなダイエット法なの?

低炭水化物ダイエットとは、もともと、アメリカの糖尿病患者のために開発された ダイエット法で、アメリカではブームになりました。

低炭水化物ダイエットの一番重要な点は、糖質をできるだけカットして 脂質中心の食生活を送ることです。

そう聞いたときに、「じゃあ、ごはんを食べなかったらいいんだ」 と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

このダイエットが効果を発揮するためには、糖質をカットして脂質や高タンパク質中心の食生活にし、 脂質分解に必要な栄養を多く摂取する。
つまり、おかずの種類を増やすなどして栄養バランスを保つことが必須です。
きちんと知識を持ってかなり複雑なルールを実践しなければならないのです。
間違った方法で、実践してしまうと、むしろ健康を損なう恐れもあります。

▼じゃあ、どんな危険があるの?

炭水化物は体内で糖質に変わり、体内の様々な組織のエネルギーとなっています。
脳はブドウ糖以外からエネルギーを得ることができません。
ブドウ糖が不足することで、脳の働きが悪くなるのは当然の結果と言えます。

また、体内の糖質が不足すると、肝臓のグリコーゲンを分解して補うのですが、 そのくり返しは、肝臓にも大きな負担がかかります。
他にも、体内のペーハーバランスが崩れ、 血液が酸性になり、ケトアシドーシス(呼吸が激しくなったり、悪化すると昏睡などを引き起こす状態) を引き起こすこともあります。

最初にも書いたように、このダイエット方法は、アメリカで開発されたものです。
アメリカの食文化は肉中心ですし、炭水化物は近年までそれほど重視されていなかったため流行しましたが、 主食がごはんの私達日本人にとって、炭水化物を摂らない食生活は 向いているとは言えません。
それがストレスとなり、リバウンドを引き起こす可能性だって否定できません。

自分にとってつらいダイエット方法は、長続きもしません。
ダイエットは、必ず健康を損なわないもの、自分のライフスタイルに合ったものを正しい知識と共に見つけることが大切ですね。

栗田智仁直伝ダイエットについて

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-30 Mon 12:49:56
  • 日記

栗田智仁のダイエット法



栗田智仁、若い頃はたくさん無理をし、仕事仕事遊び仕事遊び仕事仕事の毎日でしたが、人生も折り返し地点を過ぎ世間から中年と言われるようになるとやっぱり元気で長生きしたくなるものです。
だからといって、キツイ・厳しい・ストイックな苦行の毎日には耐えられる根性もなく、ダイエットのたぐいはほとんど自然消滅です。
ちなみに好き嫌いも多いので、健康に良いとされている酢や青汁系、苦い辛い酸っぱいはご法度です。
そんな栗田智仁にぴったりな健康法があったのです!
果物大好き、果物健康法です。
朝、果物だけ食べる、終わり。
これだけです。もともと朝食べる果物は金といわれてたっけ。
ちなみに昼は銀、夕は銅で、夜お酒と一緒に食べると毒だなんておばあちゃんがよく言ってました。
そんな金賞の朝果物健康法。
ちなみになににいいのかは謎。
ざっくりと健康にいいらしい。
そして痩せる!との情報で、さっそく試してみました。

ダイエット結果


まずいちご。
甘くておいしい。
バナナはヨーグルトとミキサーにかけておいしくいただく。
パイナップルも美味です。
ぶどうなんかもいいですね。
しかし房の間に虫発見。
テンションは一気に下がる。
グレープフルーツもおいしいけど皮剥くのがだんだん面倒になってくる。
ささくれに汁がつくと痛いし。
りんごはその昔りんごダイエットで食べつくし今や食べる気がほぼゼロ。
そんな感じで意気揚々とはじめた果物健康法のともしびは小さく小さくなっていく・・・。
そんな折、出勤すると後輩が休憩室で朝ごはんを食べていました。
コンビニのおにぎりです。
海苔のいい香りがたまりません。
海苔とはこんなにいい香りのするものか。
栗田智仁の最近の大発見です。
おにぎりに視線が釘付け。「食べますか?」と後輩。ただならぬわたしの視線にそう言わざるをえなかったようです。
いいの、いいんです。明日から果物やめますから・・・。
とはいうものの、約2週間朝果物を実践した私の体はこころなしか軽く、便通も良い。
体調が良いってやつですか!?食欲に負けて継続はできませんでしたがほんとうに体にいいのかもしれません。
定期的にやってみようかしらとおもう栗田智仁のダイエット報告でした!

和食の基本!味噌汁について

  • Posted by: 栗田智仁
  • 2011-05-27 Fri 14:35:26
  • 料理
こんにちは。栗田智仁です。

今日は、味噌汁についてです。

味噌汁こそ日本の健康ドリンクだ!

 日本食の基本スタイルである“一汁三菜”をテーマに、食生活の見直しを提案してきた「特集 日本人の食事」。最終回は、味噌汁の話です。
 一杯の味噌汁に秘められた、驚くべき事実をご紹介しましょう。


味噌汁に秘められた驚くべき事実

 味噌汁の話をするなら、まず味噌の話から始めないといけません。味噌は、基本的には大豆を煮て塩と麹を加えて発酵させたものです。原料の大豆の有効成分については「第4回副菜(野菜)」で述べていますので省略しますが、大豆を煮たり炒ったりするだけでは消化吸収が悪く、せっかくの有効成分を十分に発揮することはできません。
 ところが味噌にする過程で、麹菌や乳酸菌などの働きによって消化吸収性が増し、さらには脳の働きを助けるグルタミン酸を生んだり、大豆には含まれていないビタミンB12などが増えるということが起こります。
 大豆の有効成分だけでなく、発酵によって生じる有効成分、そして麹菌・乳酸菌を体内に取り入れることのできるのが、味噌というわけです。
 さて、ようやく味噌汁の話になりますが、驚くべき話がいくつかあります。
 ひとつ目は、味噌汁を飲むと乳がんの発生率が下がる。
 厚生労働省が1990年から10年間、40~59歳の女性を追跡調査した結果、味噌汁を1日1杯以下しか飲まない人に比べ、3杯飲む人では乳がんの発生率が半分近くに下がることがわかりました。大豆製品や味噌汁にはイソフラボンという物質が含まれていますが、これが女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た構造を持っているため、乳がんの発生率を下げると考えられるそうです。ただし味噌汁ばかりを飲むと塩分の摂りすぎになるので、他の大豆製品と合わせて摂るように注意しましょう。
 ふたつ目は、味噌汁を多く飲む人ほど胃がんによる死亡率が低い。
 これは1981年に日本がん学会で報告されたことで、肝臓がん、大腸がんなどを予防する働きもあります。また、味噌汁を毎日飲んでいる人は胃潰瘍になりにくいという調査結果もあります。


ご飯と味噌汁のベストな関係

 「ご飯に味噌汁」──私たちの食事の定番ですね。実はこの組み合わせ、栄養学的にもとても素晴らしい食べ合わせなのです。
 ご飯と味噌汁を一緒に食べると、米のたんぱく質に不足している「リジン」を大豆のたんぱく質が補い、逆に大豆のたんぱく質に不足している「メチオニン」を米のたんぱく質が補う、という関係ができて総合的なアミノ酸のバランスをよくします。
 ちょっと難しい話なのでピンとこないかもしれませんが、ご飯と味噌汁という組み合わせは、日本人の食生活で偉大な発明だったわけです。
 わかりやすい話では、味噌汁にはいろんな具材を使えることも、素晴らしい点です。

Index of all entries

Home

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。